Home » 中国開催

中国開催

FRP 中国開催

FRP中国開催 2015年12月4日〜6日

中国・福建省にて、「ファンクショナルローラーピラティス®ベーシックインストラクター養成コース 第1期」が開催されました。
近年中国でもピラティスの人気が出ており、ぜひファンクショナルローラーピラティス®(以下、FRP)を中国で開催したいとのリクエストにより、この度、開催の運びとなりました。

海外初開催のFRP。コースは3日間構成、初日はワークショップ形式にて、FRPを体験いただきました。
2日目、3日目はベーシックインストラクター養成コースを開催しました。
受講生の多くが各病院のリハビリ科の医師達であり、明日からの仕事に生かしたいとの意見も多くいただきました。

【開催報告】
・開催日: 2015年12月4日、5日、6日
・場所:中国福建省
・内容:ワークショップと養成コースの2部構成
 1日目(12月4日)ワークショップ(6時間)『人類の進化から紐解いた機能解剖』(軸の伸長の説明、FRPの体験等)
 2日目、3日目(12月5日、6日)FRPベーシックコース(14時間)筆記試験をコースの最後に実施、実技試験は後日動画提出予定
・参加人数:21人

・講師:久世佳典マスタートレーナー
    苅部美千代ミドルインストラクター
    黄烟輝 

 

FRP中国開催 2015年12月4日〜6日

受講生のコメント

■ FRピラティスを学んで、ニュートラル等の理解が出来まして、リハビリの現場でたくさん使えると思います。
■ ヨガスタジオを経営していますが、今度の講習会でピラティスに対する認識が出来ましたので、いつかスタジオでピラティスの指導も出来たら嬉しいことです。
■ 痛みで悩んでいる患者に針きゅう、マッサージで筋肉を緩めて、痛みを取ってあげても、筋肉のバランスが悪かったり、弱かったりすれば、又すぐに痛くなってきます。FRピラティスを勉強して、患者に正しい運動の仕方を教えてあげて、筋肉をバランスよく鍛えることで、痛みの根本的な原因を無くしたら、本当の痛み改善が出来るではと思います。

 

FRP中国開催 2015年12月4日〜6日

FRP Chinaを振り返って 担当講師:久世佳典マスタートレーナー

中国開催決定から限られた日数の中、準備することは非常に大変でした。
実際、担当メンバー(黄氏、苅部氏、久世)の3人で集まれた日は3日間のみであり、その中で、通訳担当の黄氏にFRPを伝え、体験して頂きながら、FRPの良さがそのまま中国へ伝えられるよう全員で要点を押さえながらミーティングを重ねました。
FRPの具体的な概要(講習内容、試験、料金、会場、交通etc)は、考案者・中村尚人氏を含めた4人でFBグループを作成し、情報を共有しながら、進めていきました。
FRPにとっては初の海外進出であり、また私自身にとっても初めての通訳付きの講習だったため、多少のプレッシャーはありましたが、それよりも楽しみの方が大きかったです。
実際、FRPの横断幕が用意され、FRPはとても歓迎されました。
そのおかげで講習会では、とても良い雰囲気の中、実施することが出来ました。

異文化で、言語が違い、多少戸惑うこともありましたが、ローラーを用いるFRPは身体へ様々な気付きを与え、十分魅力のあるピラティスであると感じて頂けたと思います。

FRP中国開催 2015年12月4日〜6日

また、黄氏には短期間でテキストや資料の翻訳、現地での日程調整や会場設定まで、多くの事を行って下さり、また苅部氏にも実技指導において多くのサポートをして頂きました。
黄氏と苅部氏の支えがなければ、今回の中国開催は成功しなかったと思います。
さらに講習以外でも黄氏の友人達や受講生達から毎晩接待を受け、とても楽しい時間を過ごすことができました。

今回このような貴重な経験が出来たのも、快く私を講師として中国へ行かせてくれた中村尚人氏のおかげだと思います。
今後も日本発祥のFRPが海外へ大きく羽ばたけるよう皆で力を合わしFRPを盛り上げていきたいと思います。

FRP中国開催 2015年12月4日〜6日