New! 感染対策への取り組み

                                        2020.5.28 FRP事務局

 この度の新型コロナウイルスに罹患された方々ならびに感染拡大により生活に影響をうけられている方々に心よりお見舞いを申し上げます。
 ファンクショナルローラーピラティスでは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、お客様・講師・スタッフの安全を優先して2020年4月から一部コースを開催中止・延期、またはコースの1部をオンライン開催に変更し運営をしておりました。
 6月以降は、感染予防対策を徹底した上で対面コースを実施すると同時に、オンラインコースもカリキュラムを見直して開催してまいります。

オンラインコースの開催にあたっては、各地域の養成校を基点とした「人と人とのつながり」を意識し、「生身の人間に対して的確な指導ができるインストラクター育成」を大切にしていきます。そのため、オンラインコースではコース受講後にフォローアップ講習(対面形式)を実施し、試験も対面形式で行うことで、インストラクターの質を確保してまいります。

対面で行うコース・フォローアップ講習・試験については感染対策を徹底し、安心してコースを受けていただけるよう尽力して参ります。
これからもご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

今後の取り組み

(1)オンラインレッスンにも対応できる、質の高いインストラクターを育成します

道具(フォームローラー)を使用するファンクショナルローラーピラティスは、接触してのサポートがなくても身体に意識を向けやすく、オンラインクラスに適しています。
インストラクター養成コースでも、オンラインレッスンを意識した口頭でのキューイングやデモンストレーション、ローラーの活用方法をお伝えしていきます。

(2)感染症対策を徹底し、安全な講座運営に努めます

…ファンクショナルローラーピラティスインストラクター養成コース、認定ワークショップを開催するすべての養成校・担当講師は下記の取り組みを徹底しています。

◯ マスク着用 
講師・会場スタッフは、入室時からマスクを常時着用します。

◯体温チェック
コース開始前に全講師が検温を行います。37.5℃以上ある場合はコースを開催しません。

◯換気・除菌
養成コース会場(更衣室、洗面所などを含む)は換気を徹底し、接触感染リスクのある場所をこまめに除菌清掃します。

◯道具の管理
コースで使用するマット、ローラーなどは講師監督のもと、使用後は除菌します。

◯手指消毒 
接触を伴うサポート(タクタイル)の前後には手指消毒を徹底します。複数の受講生に触れる場合は、都度手指消毒または手洗いを行います。
受講生同時がお互いの体に触れる場合も、都度手指消毒をしていただきます。

コースを受講される方へのお願い

◯ マスク着用
マスクを必ずご持参ください。入室時からマスクを常時着用してください。

◯体温チェック 
会場入室時に検温を行います。37.5℃以上ある場合はコースにご参加いただけません。

◯服装の調整
養成コース会場(更衣室、洗面所などを含む)は換気を徹底します。羽織れるものや靴下などをご持参し、各自が外気温に合わせて調整してください。

◯手指消毒
受講生同時がお互いの体に触れて、サポートの練習を行います。その際は、都度手指消毒または手洗いを講師がお声かけしますので、ご協力をお願いいたします。

以下いずれかに該当する方は、養成コース・ワークショップにはご参加いただけません

1) 次の症状がある、または該当する方
・風邪の症状(くしゃみや咳が出る)や、37.5度以上の熱がある。
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさがある

・咳、 痰、胸部不快感がある

・同居家族や身近な知人に、感染が疑われる方がいる。
・その他、新型コロナウイルス感染可能性の症状がある。

2) 過去14日以内に、政府から入国制限、入国後の観察期間を必要と発表されている国・地域への渡航、並びに当該在住者との濃厚接触がある方 

3) 地域の学校にて休業の措置が取られている場合は、幼児・学童・学生(18歳未満)の方

4) また, 以下に該当する感染による重症化を引き起こしうる可能性のある方
・70歳以上の方
・糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方
・人工透析を受けている方
・免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
・妊娠中、または妊娠の可能性がある方

(3)オンラインコースを継続して開催します

ファンクショナルローラーピラティスインストラクター養成コースをオンライン形式で開催します。受講時間数の変更はありませんが、受講前後のサポート体制を整え、質の高いインストラクター養成コースを運営いたします。

・対面コース、オンラインコースとも、受講時間数・コースの内容に変更はありません。
・オンラインコースでは受講後、試験までの間に対面形式でのフォローアップ講習を設けます(参加費・時間数などは各養成校により異なります。)。
試験受験を希望する場合は、必ず対面形式のフォローアップ講習を受けてください。
試験を受けない場合は、必須ではありません。
※その場合はFRPインストラクター資格は取得できません。「ファンクショナルローラーピラティス」という名称と、FRPのエクササイズを行うクラスを開催するためには、インストラクター資格取得が必要です。
・試験は対面形式で行います。

関連記事

  1. シニアファンクショナルローラーピラティス

  2. 【消費税引き上げに伴うお知らせ】

  3. 専門コース

  4. 分科会 勉強会のお知らせ【シニア】

  5. マスタートレーナー紹介動画をアップしました

  6. 【オンライン】FRP無料体験会(45分)/ 7月24日(金・…

PAGE TOP