キッズFRP

キッズFRP 指導者養成コース

次回お申込み開始までお待ちください。

盛会にて終了しました。

今後の開催予定
*場所未定
2024年11月23日(土祝),24日(日)

  • ■事前学習:講義(動画視聴)4時間
  • ■1日目【対面講座】:講義2時間・筆記試験1時間
  • ■2日目【対面講座】:実技講習6時間
*お申込みは3ヶ月前より開始

盛会にて終了しました。
次回開催までお待ちください。

詳細・お申し込みはこちら
*お申し込みは3ヶ月前からとなります


キッズFRPは、遊びを通して体の基本的な運動機能を獲得することを目的とするピラティスです。
フォームローラーを使用し、特に体幹の安定性とバランス感覚を高めていきます。

指導者養成コースでは、左右差を是正し、将来的に障害が起こらないような発育、成長を促していく指導方法をお伝えします。
スポーツなどの偏った運動習慣の調整にも役立てることができます。
※キッズFRPエクササイズの適応年齢:3~12歳

このコースは、対面講習受講前に事前学習として動画視聴を必須としています。幼児~小児の心身の発達並びに成長についての基礎知識を理解した上で、実践的な指導方法を学びます。

12時間 81,180円(税込) *9月より新料金導入
*FRP認定インストラクターの方は10%オフ

  • キッズFRP 3つのポイント

    • 自分でやる!を促す ポジティブ

      「自分でやる!」その気持ちを促すためには、適度な挑戦(運動)を繰り返す必要があります。考えるよりもまずは動く。これがポジティブな心を作る秘訣になります。

    • 運動の多様性が生む自由な動き ジョイフル

      子供の遊びは『ジョイフル(嬉しい、楽しい)』が基本です。大人に教えてもらうだけではなく、自分で遊び(動き)を自由に考えることも重要です。

    • 周囲への気配りや自信につなげる ゲーム

      自分の主張すべきことは主張する、譲るべきところは譲る。幼い頃からの、体を使った遊びで人との関わり・コミュニケーションを覚えていきます。

    バランスの不安定な子どもたちも安全に楽しくエクササイズが行えるように、フォームローラーを安定させる「GRIPPONE(グリッポン)ベース」を使用します。

    コース紹介
    コース紹介

対象

・子どもへの運動指導に関わる方
・子どもの障害予防に取り組んでいきたい方

養成コース内容

◎カリキュラム
事前学習:講義(動画視聴)4時間
対面講座1日目:講義2時間・筆記試験1時間
対面講座2日目:実技講習6時間

◎概論
幼児~小児の身体的特徴:感覚器系と運動器系の相互的発達並びに成長
幼児~小児特有の障害:発達障害含む
ライフステージからみた幼児~小児の意義
親子関係について
ローラーを用いる利点と注意点
キッズFRPの3か条…ポジティブ、ジョイフル、ゲーム

◎キッズFRPエクササイズの理論と実践
視覚~空間認知・アフォーダンス~空間の中での身体操作
聴覚~リズム・タイミング~身体を同期させる
触覚~ボディイメージの確立~運動正確性
運動覚、位置覚(深部感覚)~自己認知・客観視~運動学習
平衡感覚~脳幹・姿勢反射~体幹機能
アセスメント
エクササイズ実践(概ね各8つ)
親子で行うエクササイズ…準備運動、具体的エクササイズ
子ども同士で行うエクササイズ…準備運動、具体的エクササイズ
その他…障害を持つ子どもに対するエクササイズ/不良姿勢に対するエクササイズ/自宅でできるエクササイズ

必読本

子どものためのファンクショナルローラーピラティス
〜からだ遊び,フォームローラーを使った遊びとエクササイズ〜(2020.3.19発売)

試験

対面講座1日目に筆記試験を行います。(合格者に認定証を発行)

講師

保坂 知宏 Tomohiro Hosaka

詳細・お申し込みはこちら
*お申し込みは3ヶ月前からとなります

関連記事

  1. 【お詫びと訂正】改訂版 104のエクササイズの誤植印刷につき…

  2. 【消費税引き上げに伴うお知らせ】

  3. マタニティ

    マタニティFRP

  4. カンファレンス2017

  5. シニアFRP

PAGE TOP